〒811-1352 福岡県福岡市南区鶴田3-18-1  
TEL : 092-565-8119 FAX : 092-565-8119
 
医科用CT

CTとは、コンピューター断層撮影(Computed Tomography)の略称です。コンピューターを駆使しデータ処理と画像の再構成を行なうことで断層写真を得ることが出来る装置のことを言います。
 
歯科用CTとは、歯科分野に特化したCT装置でコンビーム方式を用いているためコンビームCTとも言われています。コンビームCTは、機種や撮影範囲などにより違いはありますが、一般の医科用CTと比べ被爆量が最大200分の1と非常に少ないのが大きな特徴で、撮影時 間も十数秒で済むことから患者への負担を軽減することが可能です。
 
コンビームCTでは、歯が失われた部分の骨の厚みや深さ、上顎洞や下顎管までの距離を0.1ミリ単位で正確に計測し、歯牙や上顎洞の形態の三次元的イメー ジが、把握可能となります。
 
このように、デンタルCTで撮影することにより、今までの口腔内X線撮影法やパノラマX線写真では得ることが出来なかった情報を得ることが出来き、より的 確な診断が可能になります。
 
インプラント以外でも、智歯の抜歯に際しての検査、歯周病治療、根管治療、歯根の破折などの炎症の原因確定、顎関節症の診断、歯列矯正など正確な検査を行 なうことが出来ます。
医科用CT
メリット1 当院で検査から治療が可能。従来、大規模病院などにしかなかった歯科用CTですが、開業医レベルでも導入したことで、より正確な診断に役立つことはもちろ ん、経過観察などにおいてもその都度大規模な病院へ行く必要がありません。面倒な予約や来院の時間はかかりません。当院で術前・術中・術後と手間なく撮影することが可能になります。
メリット2 負担の軽減。立ったまま撮影を行ないます。
撮影時間も十数秒と短く、被爆線量が少ないことはもちろん、治療費の軽減もできます。お子様は自動でエックス線量を少なくしています。
メリット3 安全・確実な治療。従来のレントゲンと比べて、より詳細に口腔内の状況を把握することが出来ます。専用のソフトで、360度の方向から細部まで審査診断を行ないます。以前よりも安全・確実な治療が可能となります。
メリット4 インプラント治療での活躍。インプラント治療におけるCT検査のメリットはとても大きく、通常のレントゲンでは正確に確認できない神経管の位置やインプラ ント埋入部位の骨の状態が正確に分かります。そのため、骨造成が必要と思われた症例でも十分な骨量が確認でき、約6ヶ月間の治療期間短縮と手術の負担を軽減できることもあります。術前には、専用ソフトでインプラント埋入のシュミレーションを行い、患者さまに最適なインプラントの直径や長さを決定します。
 
 
TOP院長・スタッフ紹介診療コンセプトインプラント矯正
審美セレック予防歯科アクセス
〒811-1352 福岡県福岡市南区鶴田3-18-1 
TEL : 092-565-8119 FAX : 092-565-8119